バートルの「クーガー」ってどんなカラー?オシャレな作業着のラインアップを紹介!

アパレルメーカーのバートルから発売されている作業着には、一見するとワークウエアには見えないようなオシャレな商品もあります。こちらのメーカーの商品は、スタイリッシュなデザインで注目を浴びています。バートルの作業着によく見られるのが、「クーガー」などの独特のカラーです。

ここでは、「クーガー」の特徴やこのカラーがあるバートルのラインアップを紹介します。


「クーガー」はネコ科のピューマをイメージしたカラー

バートルの作業着に登場する「クーガー」は、グレーと濃いカーキ色の中間のような独特の色合いをしているのが特徴です。このカラーは、光線の加減で濃いグレーに見えたり、緑がかったカーキ色に見えたりします。バートルの「クーガー」は、北アメリカや南アメリカに生息する野生動物のピューマをイメージしています。

「クーガー」は、ポルトガル語でピューマのことです。ピューマは瞬発力に優れており、華麗な狩りをする肉食動物として知られています。ピューマはライオンのような黄色味を帯びた褐色の毛皮をもちますが、尾や鼻の周りはやや黒みがかった色をしています。

バートルの作業着に見られる「クーガー」は、野生動物のワイルドな雰囲気や敏捷性などをイメージしているカラーと言えるでしょう。ちなみに、アメリカやフランスの軍事用ヘリコプターには、「クーガー」と名付けられた種類があります。

また、アメリカの自動車メーカーであるフォードでは、「クーガー」という名前の車を発売していました。マーキュリーブランドのラインアップとして発売されたこちらの車は、フォード社がリリースしたマスタングを彷彿させるスポーティーなデザインです。

「クーガー」のカラーがあるシリーズ1「6081」

「クーガー」のカラーバリエーションは、バートルのスタンダードモデルとして有名な6081のシリーズに用意されています。6081は、男性、女性を問わず身に付けられるユニセックスタイプの長袖ジャケットです。日本製のT/Cライトチノを使った6081の素材は、ポリエステルと綿。

素材には制電加工が施され、静電気などが生じにくい構造になっています。6081は、細かいアイテムが収納できるポケットがたくさんついており、実用性に優れているのが特徴です。このシリーズのフロント部分には、上側に2つのポケットがついています。

携帯電話を収納できるのが、ファスナーで開閉するタイプのポケット。反対側には、ボタン付きのポケットと筆記具が入れられるペンさし用のポケットがついています。こういった小さなポケットに、普段使うボールペンなどをしまっておけば、外出先でもすぐに筆記具が取り出せますよね。

フロントの下側には、両サイドから手が入れられるポケットもあります。6081には、「クーガー」の他にも5種類のカラーが用意されています。オレンジやロイヤルブルーなどの明るいカラーもあり、シーンに合わせて選ぶことが可能です。

6081のSS-Sサイズは、女性向けにデザインされています。こちらのサイズは、ウエストの部分がややシェイプされたデザインになっており、上半身がすっきりと見えるタイプです。ちなみに、6081は、6086、6087、6089の同カラーのパンツと組み合わせることができます。

6089は、女性用として発売されているパンツです。


「クーガー」のカラーがあるシリーズ2「6082」

6082は、長袖の6081と同じ素材を使った半袖のジャケットです。カラーのラインアップも6081と同じで、「クーガー」や「キャメル」、「ネイビー」などの複数のバリエーションがあります。6082にも、フロントの部分にいくつかのポケットがついています。

上側の2つのポケットやペンさし用のポケット、両サイドのポケットなどは、6081とほぼ同じ位置にデザインされており、実用的なつくりの作業着です。

6082の場合も、SS-Sサイズには女性向けのデザインが取り入れられています。

このタイプも、同シリーズの6086、6087、6089のパンツとセットで身に付けることが可能です。同じカラーで上下を統一すれば、全身のスタイルがすっきりと見えるでしょう。

「クーガー」のカラーがあるシリーズ3「6083」

6083は、長袖のシャツタイプの作業服です。素材は、6081や6082と同じ日本製のT/Cライトチノを使ったポリエステルと綿の混紡。このシリーズも、基本的なデザインは6081や6082と似ています。ただ、6083の場合は、カジュアルな一般のシャツと余り変わらないスタイリッシュなデザインに仕上がっています。

フロントの上側に2つのポケットがあるところは6081や6082と同じですが、フロントの下側部分はウエストがややシェイプされ、スリムなシルエットに整えられています。こちらの6083のシャツは、ポケットや袖についている「バートル」のロゴがひときわ目立ちます。

6083のカラーは、「クーガー」を含めて4色です。このシリーズには、キャメルやシルバー、ネイビーなどのベーシックなカラーがそろっています。ちなみに、上下セットで着たいときには、6086、6087、6089のパンツを利用すると便利です。

「クーガー」のカラーがあるシリーズ4「8091」

長袖のジャケットである8091のシリーズにも、「クーガー」のカラーがあります。アメリカのワークウエアをイメージしたこちらのジャケットは、綿100パーセントの天然素材で仕上げられています。デザインには同じ長袖ジャケットの6081との共通点が見られますが、8091はよりシンプルな雰囲気です。

このタイプのポケットにはファスナーはついておらず、フロントの上側のポケットは、いずれもボタンで開け閉めするタイプです。カラーには、「クーガー」の他にもキャメルやシルバー、アースグリーンの3色があります。

8091は、同シリーズとして発売されている8096のカーゴパンツと一緒に使えます。

「クーガー」のカラーがあるシリーズ5「8093」

8093は、8091と同じデザインを取り入れたシャツ型のワークウエアです。フロントの上側には、ボタンがついた2つのポケットやペンさし用のミニポケットがあります。色は、8091と同じく4色の展開です。素材は綿100パーセントで、肌に優しく吸湿性に優れているのが特徴になっています。

バートルが発売するシャツ型のワークウエアは概してオシャレですが、この8093のシリーズも例外ではありません。デニムパンツなどと組み合わせても違和感がないようなデザインになっており、洗練されたワークスタイルが完成する作業着です。

8093も、同じカラーバリエーションがそろった8096のパンツとセットで身に付けることが可能。スタイリッシュな「クーガー」のカラーなら、上下セットで身に付けたときにも、一般のワークウエアとは少し異なるオシャレな雰囲気になる可能性があります。

参照元⇒バートル作業着 … ユニフォームタウン